カードローンの審査で聞かれることはだいたい決まっています

カードローンを申し込むと申込確認の電話がありますが、その際聞かれることはだいたい決まっています。本人確認のために生年月日と氏名を言わされます。それが確認できたら申込確認が始まるのです。

消費者金融や銀行によって多少違いはありますが、住所を言われてそれでいいか確認をします。ちょっと複雑な漢字だとオペレーターの女性が間違えることが多いため、訂正する必要があります。

すると、次に融資限度額や金利の説明があります。また、即日融資ができる場合は口座番号と希望金額を聞かれます。最近は「アルバイト」として消費者金融の口座を代理で作ってほしいと言われることがあるようで「ご自身の意志で申込をしたんですね」と念押しされることが多くなりました。

こちらからあえて質問しなければ電話はこれで終わりです。在籍確認の電話を避けて欲しいなどという希望があればこの段階で言わないと手続が先に進んでしまいます。また、ローンカードの受取をするのであれば、どこの店舗に何時ころ行くのかを聞かれることも多いです。

オぺレーターの方は大抵女性なので、怖い人が出てきたらどうしようという心配はいりません。ただし、在籍確認の電話を省略してもらいたいという場合には、オペレーターの上司に当たる男性社員が出てきて説明をすることがあります。

審査の途中で、信用情報機関のデータから疑問点がある場合は男性社員が電話をしてくることが多いです。この場合は、電話確認の時間がちょっと長くなるかもしれません。しかし単なる自分の申込内容の入力ミス程度ならすぐに電話が終わります。