無利息期間に惑わされないことも大切

大手消費者金融の中には、契約後1か月間は利息を取らないという無利息期間を設定していることがあります。金利が高いと言われる消費者金融ですが、結構太っ腹だなと思える話です。ネットバンクなどの銀行系カードローンの一部も無利息期間を設定していることがあります。

しかし、油断をしていると1か月はすぐに過ぎます。別に1か月以内に完済すべきだというわけではありませんが、それ以降の利息をできるだけ少なくするためには、繰上返済が必要なのです。

また、繰上返済があるだけの理由で、大手消費者金融にするのも考え物です。なぜなら大手消費者金融より、メガバンク系のカードローンの方が金利も低く、サービスも充実しているためです。

例えば、大手メガバンクのカードローンは最高利率が年利15%の場合があります。大手消費者金融は18%なので差は歴然です。また、コンビニATM手数料が無料の事も多いです。また、支店数もATMの数も消費者金融と銀行では全然違います。 ネットバンクでも話は同じで、金利は低いですしコンビニATM手数料が無料の事も多いです。また、ネットバンク自体が使い勝手がいい事が多いので、ローンカードを申し込むことで更に利便性を上げることもできます。

取引する金融機関というものはできるだけひとまとめにした方が効率的です。銀行側も取引が多い顧客を優遇することが多いため、1度きりの無利息キャンペーンに惑わされることなく、他の選択肢も冷静に検討することをお勧めします。