即日融資カードローンの審査申し込み

カードローンには必ず審査があります。その審査を含めて即日融資可能なキャッシングサービスを業者ごとに受付可能条件や、そのためにはどうすればいいかをまとめました。

まず、審査には仮審査と本審査があります。


カードローン仮審査

仮審査は大ざっつぱな審査で、融資条件の基本的なことを調べて融資可能かどうかを判断するものです。ほとんどが機械的に年齢や勤続年数、年収、他社の借入額からシュミレーションを行って判断されます。 勿論仮審査だけでは審査は終わりません、そのあとの本審査でさらなる確認が行われます。

仮審査で落とされる可能性がある条件としては
・申し込み年齢に達していない
・勤続年数が達していない
・他社からの借り入れが多い
・年間収入が低い
等があげられます。 これらに当てはまる場合、仮審査を通過することは不可能となります。


カードローン本審査

仮審査を通過すれば本審査です。 これは機械的でなく、人間が細かく審査します。 審査基準は金融機関によって異なり、審査を通過すると融資の可否と金利や利用限度額等の貸し出し条件が決まります。 本審査の確認事項としては以下の通りです。

・審査内容に虚偽がないか
仮申請において申告された内容について虚偽事項がないか調査されます。

・本人確認
身分証明書等の証明書類で本人であることを確認します。

・在籍確認
申し込み者の自宅、職場に電話連絡し在籍の確認をします。

本人確認だけでは審査通過することはなく、必ず在籍確認の両方をクリアしなくてはなりません。

・借入状況
ここで、ローン会社側が個人情報信用機関に当人のローン利用履歴や、他社での借入状況、延滞の有無を確認します。

このように本審査は仮審査と違ってかなり踏み込んだ個人情報まで審査されます。 仮審査が通ったからと言え本審査が通過するとは言えないのです。

これらの審査条件を踏まえて、本審査を通過する可能性が高いポイントとしては以下のよ うになります。


カードローン審査を通過するためのポイント

申し込むローン会社の審査に必要な条件をしっかり理解しておく

審査基準というのは各ローン会社によって異なり、その内容は公表されていません。 ですから申し込むローン会社が提示する条件をしっかり把握し、それをクリアできるかどうかを把握しておく必要があります。 特に大きな条件として、年収、勤続年数、現在の他社を含める借入状況(特に総借入金と借入会社数)


絶対に虚偽の申告をしない

特に年収など多めに申告する場合がありがちですが、本審査で提出する源泉徴収の写し等ですぐにばれてしまいます。 個人情報機関にも確認しますので、他社借入金、借入会社数などもすぐにわかりますので、審査時には特に虚偽がありますねとは言われませんが本審査での大きなマイナスポイントとなります。


やみくもに多くの金融会社に申し込まない

カードローン会社は横の情報網があり、当人が他社に申し込んで審査に落ちたか、何件回っているかがわかります。 ですので多くの会社で審査に落ち続けると「申し込みブラック」というレッテルがつき要注意人物となってしまいます。


一度落ちた金融会社は再度選ばない

一度落ちてしまえば、その履歴は残っていますので、何度申し込んでも同じことです。


即日融資可能なカードローンについて

即日融資を行う場合は、自動カード発行機などいろいろ手段はありますが、やはり当然審査がありそれなりの時間と自分を証明するものが必要となります。

まず各ローン会社ごとに若干金利や返済パターンおよび遅延利息が違うので下調べをおこなうのが良いでしょう。

これはアイフル場合ですが、やはりお金を借りるとなると新たにで審査されます。まず頭に入れておかなければならないのが、多重債務を行っている場合、他社での借入金をはっきりとではなくていいのでどこどこで何十万円という風に思い出しておいてください。 必ず聞かれます。次に、必ず必要なのが本人を証明するもの。運転免許証、健康保険証、パスポートなどがあれば100万円までは借れます。 それ以上となると、源泉証明書などの年間の収入を証明するものが必要となります。源泉証明書がない人は区役所で収入証明書を発行してくれるので取得しているほうがいいでしょう。各ローン会社の金利やシステムをしらべておくべき。現在の大手のローン会社はインターネットでの手続きを行うことができます。この場合即日発行というわけにはいきませんが、インターンネット上で契約審査が完了すれば、店頭で即日借入ができます。

例えばアコムの場合最大500万円まで借りれますが、初めての場合は50万円が限界です。借りるお金とともに利息も変わっていき、100万円までは年率4.7~18.0%。 100万円から500万円までは4.7~15.0%です。ここが引っ掛かるところで、契約書をちゃんと見ると金利は貸す側が決めるのです。50万円借りた場合金利が4.7%はまずありません。 18.0%上限ぎりぎりで貸してくれます。

返済回数も各会社によって違います。アイフルの場合30万円まで 3年 1~31回 30~500万円 4年11ケ月 1~51回この30~500万円の中でも年利が2.5%のものは返済が5年9ケ月、2.0%のものは6年9ケ月となります。この様に利息も返済年数(回数)も各々違うので調べておくのが良いでしょう。最後に一番問題なのが遅延利息ですアイフルの場合は20%。年利よりもはるかに高い設定となっています。この様に即日融資を受ける場合は必要な書類と借りようとしている会社のシステムを把握して借りるのが良いでしょう。 

周りの人にわからないようにするのであればそのむねをローン会社にゆっておけばうまく対処してくれます。要は返金の遅延をしなければ何も連絡等はきませんのです。

 即日融資する場合、注意しないといけないのが自動契約機等で発行されますが、事前にインターネットで審査しておく場合や、自動契約に必要な書類をそろえておかないと、審査されません。 これらは各ローン会社によって違いますので、漏れの無いよう確認してそろえておく必要があります。 特に収入証明書類は無いと話になりませんので、事前に確実にそろえておくべきです。 即日融資可能な申し込み時間も確認しておく必要があります。 各会社により違いますので、せっかく申し込んだのに発行できない事態が発生します。

 このように、即日融資の場合は借入条件を事前に調べておけば問題ありません。