カードローンは実質金利が大切ですが

消費者金融などのカードローンの金利を調べると、ほぼすべての表示に「実質金利」とか「実質年率」とあります。お金を借りる際に金利を支払う事は言うまでありませんが、住宅ローンのような大型ローンの場合は保証人が必要であり、その代わりとして保証料を支払うことが一般的です。

銀行カードローンは、傘下に保証会社を持っていることが一般的なので、表示されている金利の他に保証料を取ることが多いです。金利勝負になっている住宅ローンやマイカーローンの店頭表示金利は、この保証料を含まない「名目金利」になっているため注意が必要です。 本来カードローンも保証料を支払う必要がありますが、カードローンの場合はこの保証料も金利の中に含まれています。このことは銀行系カードーンでも同じです。そのため、金利が18%と表示されていたらそれ以上の金利を支払う必要はないのです。

どこのカードローンもクレジットカードのキャッシングサービスも金利の表示は「実質年率」なので、それが普通だと思われがちですが、実際は違うのです。

とはいえ、現在も問題になっている過払い金利息返還請求の事もあり、できるだけ余計な問題を作りたくない消費者金融などは、貸金業法で定められている金利以上の金利を取らないようにしています。

普段は気にすることもない「実質金利」という言葉には、他の手数料も含めた借り手が実際に支払う金利という意味があるわけです。しかし、今のご時世でこの言葉に気を付けなければいけないシーンはカードローンに限っていえばどこにもないと考えていいでしょう。