カードローンを申し込むと連絡があるの?

カードローンの審査に申し込むと、相手から申込確認の電話があります。カードローンはお金の貸借する契約なので、申込者が借りたいという意思表示を確認する必要があるのです。これをメールで対応している場合もありますが、契約の意思確認は必ずあります。

そして、勤務実態を確認するために、勤めている職場への在籍確認の電話もあります。何かと嫌われる在籍確認ですが、勤めていることが確認できないと貸したお金を返してもらう原資となる給料を現在も引き続いてもらっているかの確認ができません。在籍確認の電話を省略することはできないのです。

しかし、その目的は勤務実態の確認なので、別の方法で確認できればわざわざ電話をする必要はありません。

大手消費者金融の中には、健康保険証と直近の給料明細の提示を条件として在籍確認の電話を省略しているケースがあります。他の消費者金融でも同様の方法で在籍確認を省略していることがあります。

とはいえ、誰でも省略してくれるわけではありません。信用情報機関のデータ上、返済遅延の事績があったりすると「信用できない」と思われて省略してくれないこともあります。判断は消費者金融などの審査担当者が決めることになります。

このように、カードローンを申し込むと電話連絡などがあります。自宅に消費者金融から電話があると嫌だと思うのであれば、自分の携帯電話の番号を記入すると申込確認の電話などは携帯にしてくれます。ただし、自宅に住んでいるという確認をする必要があると判断された場合は、自宅にも電話があります。