カードローンPLAZAは、カードローンの選び方、審査申込方法、無利息カードローンの紹介、女性専用のカードローンの特徴などなど、カードローンの情報を提供するサイトです。カードローンを検討している方は宜しければご覧ください。


どこのカードローンにしようかな?

カードローンと一言で言っても種類はいろいろあります。 銀行系カードローンもあれば、消費者金融・信販系のカードローンもあります。ただし、どこのカードローンでもローンカードを利用してATMでキャッシングする方法に変わりはありません。もっとも、最近はカードを使わないカードレスタイプのローンもあります。

自分が取引している銀行で使いやすいカードローンを提供しているようであれば、一度申込をしてみるといいでしょう。銀行系カードローンは敷居が高いと言われることもありますが、もともと預金者を対象にしているローンなので、取引が長い預金者は審査上有利になることが少なくありません。

また、最近はネットバンクもカードローンを提供しています。この場合、ローンカードを発行せず、キャッシュカードと一体化していることがあります。パートをしている主婦の方が家族に内緒でカードローンの申込をしたい場合にはおススメの手法です。ネットバンク系カードローンは、金利が低めな割に、職業などで審査の対応を変えることが少ないのです。

また、消費者金融や信販会社系のカードローンも負けてはいません。大手消費者金融では、契約日から1か月間の無利息期間を大々的に宣伝することで高めの利息をカモフラージュしています。また、魅力が少ないと言われる信販会社系のカードローンは、カードレスタイプのカードローンにすることで金利を下げているケースもあります。

種類が多いので目移りするかもしれませんが、コンビニATM手数料が無料になるか、又は手数料無料になるATMが自分の通勤経路上などにあるかという点が決め手になるでしょう。また、金利が高めのカードローンなので繰上返済は必須です。繰上返済のしやすさも、どこでカードローンを申し込むかの大きな要因になります。


カードローンの申込はWEBか?店舗か?

カードローンの多くは、店舗だけではなくWEBでの申込が可能です。 ネットバンクはWEB上の申込が前提なので、選択の余地はありません。しかし、店舗申込ができるのであればそちらをお勧めします。

なぜなら、店舗で申し込めば申込の途中でわからない点が出てきたり、手続で問題があったりした際にもすぐに対応できるためです。WEB申込だと、自分の知らないうちに手続が進み、不利な条件で契約が決まってしまうことがあります。

例えば、年収欄を書き間違えた場合、多すぎると相手から確認の電話がありますが、少なすぎると確認してくることはありません。WEB申込の場合入力ミスが結構多いのです。これに対し、店舗申込であれば手書きで申込書を作成したり、大きめの画面上で入力したりすることになるためミス自体が少ないです。年収を少なく間違えると当然融資限度額が少なくなるので不利になるわけです。

また、何かと嫌われる在籍確認の電話もWEBだと回避することが難しいのですが、店舗での申込であればその場で対応できることがあります。あらかじめ健康保険証や直近の給与明細、更には給与振込の通帳を持って行けば、無人機店舗でもスキャナー読取などで在籍確認を省略することができます。

もちろんWEB申込でも在籍確認の省略は可能ですが、これらの書類をスマホで撮って送信させてくれる金融機関ばかりではありません。その場合、いったん無人機店舗などでそれらの書類を確認するという事になる場合もあるのです。 それであれば、最初から店舗で担当者と応対しながら手続を進めた方がスムーズに手続が進みます。


カードローンの審査は早いとは限らない

カードローンを提供している大手消費者金融や銀行では、審査は即日回答を基本としています。メガバンクの中には審査時間が30分と消費者金融並みのハイスピードを誇っていることがあります。最近の審査はコンピューター審査なのでこのような芸当が可能なのですが、誰でもこの恩恵に預かれるわけではありません。

申込書の入力が間違えていたりすると、金融機関側でコンピューター審査をしても「エラー」が出ます。こうなるとコンピューターではなく人間の目で審査をすることになりますが、時間がかかる原因になります。

特に住所氏名という内容は、ちょっとでも信用情報機関とのデータが違うと確認をしてきます。店舗で担当者と連絡できる状態にあればいいのですが、WEB申込などの場合は携帯電話に連絡をすることになりますからタイムロスが発生するのです。

また、過去にブラックリストに載っている人は問答無用で審査落ちになりますが、過去2年ほどの間に何回か支払遅延の実績があると、信用情報機関のデータに表示されます。この場合、担当者の判断が必要であればコンピューター審査から外されますからタイムロスの原因になります。

即日審査が可能な理由は、信用情報機関の履歴から過去に特に大きな問題がないと判断された人は信用できると判断しているためです。この場合、ただ単に機械的に収入や生活状況などから融資限度額と金利を決めればいいだけです。しかし、問題がある人に対しては審査担当者が個別に判断することになります。時間がかかるのはやむを得ないでしょう。


即日融資希望ならそれなりの対応が必要

カードローンを取り扱う銀行も消費者金融も、審査を即日終わらせて融資も当日行うことができます。俗に「即日融資」と言われるパターンです。希望すれば自分の銀行口座に振込ができます。

ただし、銀行系カードローンの場合は自行の口座以外に振込をしてくれることはありません。また、銀行振込は午後3時までに振込処理が完了している必要があります。つまり、時間制限があるのです。午後3時というのは振込処理をする銀行の時間ですから、最低でもその30分前には契約手続きがすべて終了している必要があります。

また、銀行振込を利用しない場合でも、ローンカード発行は夜間でも大丈夫だからと油断してはいけません。在籍確認の電話を必要とするのであれば、自分が勤めている会社の営業時間内に確認を取る必要があるためです。

即日融資を希望するのであれば、できる限り早めに申込手続をすることが大切です。銀行も消費者金融も新規の顧客は毎日一杯います。自分だけではないので、処理は「先着順」です。審査が遅れれば後回しになりますので、申込書などの入力も気を付ける必要があります。

即日融資を希望するなら自分もそれなりに対応が必要なのです。